Mimei

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
この手にあるもの

スペードのジャックを引いた日


みんな話をしたいのだ。
悩み、不安、とまどい、恐れ、怒り。
私にも勿論ある感情だけれど、
今はそれらが酷く遠いところで眠っている。

今、請け負っている業務は楽しい?ときかれて
楽しいという感情は見当たらなかった。

「必死」と答えた。

忙しいのも大変なのも苦ではないし、誰も恨まないし、憎いだなんて当然思わない。
楽しいとは思えないけれど、ただ、わかることはひとつ。

私はみんなの笑顔に本当に安心している。
だから走っている、ずっと、今も。

| 11:41 | - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nono |
No title

わたしはいいから、

この子に

この子におかあさんをかえしてあげて・・・!


ウエディングドレスを着た妹とタキシードを着た旦那さんが
こちらに向かって微笑みかけているのに
私は泣きながら叫んでいる、妹に母を返してあげてほしいと
まるで叫ぶことで願いが叶うかのように

そんな夢で目が覚めた
起きたらやっぱり泣いていた



妹は無事に子供を生み
母になった


私の中でむせ返る
母という存在が
今も夕立を起こす

晴れ時々雨、のち

| 22:52 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
6月22日 未明

Lord,make me an instrument of your peace.

まだ夜なのか
それとも閉ざされた場所にいるのかが分からない




目を閉じて
額の裏に灯すもの
私はそれを何と呼べば良い

| 04:26 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
聞こえるか

腹が減るのは分かるのに
なぜ胸の中の飢えと渇きに気付かないのだろう

言動の端々に棲む
飢餓を叫ぶ声が

私という赤子が

| 23:48 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
砂礫の城

水が岩を穿つ

気がつくと奈落のように暗い裂目が生まれていて
きっとこの闇を広野に戻すには
全てを壊して終わらせて
もう一度創めなければならないのだろう

私は今、それ以外の方法が思いつかない

| 22:14 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
無題

明日は
この髪の一房にすら
怒りを宿さないように



忘れてしまえ
流してしまえ
何も知らなかった振りを
何もわからない振りを



私の憤りで彼らの腹を掻っ捌いても
彼女を笑顔にはしない

| 23:26 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
記憶

好きなトラックメイカーが去年、他界していると知った朝

彼の曲を聴きながら
ミルクティを飲んだ

ミルクティというには大分離れた内容で
ミルクの代わりに豆乳
上白糖の代わりにマスコバド糖
紅茶の変わりにほうじ茶

恐らく方向性は間違っていないと思う 


幼い頃
にせものミルクティを母が作ってくれたことがある
紅茶ではなく麦茶で作ったミルクティなのだが、
「にせものミルクティ」といって笑って飲ませてもらった
私の舌には紅茶と麦茶の違いがわからず、
美味しいといって飲み干した記憶がある



いもうとが七月に母になる
わたしは今、生理前で止まらない食欲と重い体にうんざりしている
祖母はまだ時々私を「しげこちゃん」と母の名で呼ぶ
父は私が母に似ているという
私は母が取らなかった運転免許を取得し、
私は父と母の子だが
私であることを獲得する15年だったのだと呟いた
父は何も言わなかった




日差しが眩しくて目を伏せた
私のまぶたはまだ温かい

| 12:08 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |

庭の山茶花に積もる雪
白と緑と染めた頬



私は私が誰かわからない
きっとどこにでもいる



誰かの望みの集合体のような気がして
真昼になってもやまぬ空を眺めていた

| 11:18 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
眠れない

夜が長い
それとも短い











気だるさだけが降り積もる
静かな真夜中に

| 02:31 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
And she said.

夜を共有してはいけない

その闇の中で
その黒の中で
迷い子になるから

| 23:19 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nono |
| 1/7 | >>